ロマネコンティ専門サイト【ロマネオンライン】
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社のワインをフランスから直輸入してお届けします

「DRC」とは

「DRC」とは【Domaine de la Romanee-Conti】頭文字を取ったもので、有名な『ロマネコンティ』を生産しているヴォーヌ・ロマネ村にあるドメーヌ(生産者)の名前です。

今や、世界的に最高レベルのワインと評されるようになった『ロマネコンティ』ですが、その歴史はローマ時代にまでさかのぼり、2000年以上の歴史を持ちます。

中世の頃、ロマネコンティとロマネ・サンヴィヴァンの大部分は「サン・ヴィヴァン修道院」が所有していました。また、リシュブールやラ・ターシュの一部は「シトー修道院」の所有でした。18世紀初頭頃には、ルイ14世の持病を治療するために、担当医が毎日スプーン数杯分のロマネコンティを処方していたというエピソードも残されています。

その後、これらの畑は競売にかけられることになり、所有権をめぐってルイ15世の寵姫ポンパドール夫人と、軍事顧問的な役割を担っていたコンティ公との間で争奪戦が行われました。そして、1760年、正式にコンティ公が所有者と認められたのです。争いに敗れたポンパドール夫人の怒りは激しく、この事件以降、ベルサイユ宮殿から全てのブルゴーニュワインを閉め出したと伝えられているほどでした。

コンティ公は、40人もの愛人を囲い、贅の限りを尽くしたと言われている人物です。絵画や食事への造詣も深く、いつしかワインにも最高級のものを求めるようになりました。「ロマネ」と呼ばれる畑から作られたワインは、全てコンティ公が独占することとなり、コンティ公宮殿でしか味わえない伝説的なワインとなっていきます。

そして、1789年にはフランス革命が勃発。貴族の荘園がすべて没収され、ロマネコンティも名前の変更・畑の細分化の危機に見舞われます。しかし、ローマ時代から続く歴史あるブドウ畑は人々の崇拝を集めており、革命後もその名声は変わることなく維持されました。

1794年、このワインは正式に『ロマネコンティ』と命名され、ここに“高級ワインの代名詞”として現在にまで伝わるロマネコンティが誕生したのです。

1869年、現当主のオベール・ド・ヴィレーヌの家系がドメーヌを買い取り、すでに所有していたリシュブール、エシェゾー、グランエシェゾーに加え、1933年にラ・ターシュ、1946年にロマネ・サンヴィヴァン、1963年にモンラッシュの畑も手に入れていきました。

1942年、会社組織に移行し「DRC」という会社が生まれたのです。

↑ページトップへ戻る

オーダーチーズ・ドットコム
ナチュラルチーズ専門店
オーダーチーズ・ドットコム
オールドビンテージ・ドットコム
ボルドー産ビンテージワイン専門店
オールドビンテージ・ドットコム
トランスネーション
フランスワイン旅行のことなら
トランスネーション
     

未成年者へのワインの販売は行っておりません。お酒は20歳になってから。
copyrights(c)2008 Romanee Online. All rights reserved.